PROGRAM

1プログラムは60分。60分間で世界中のショートフィルムを多数上映!!

アジアショートフィルムプログラム2017 全4作品  上映期間:2/16~3/15

AGrainofWheat1.jpg

上映スケジュールはコチラ

チケット料金
¥1,000:大人 / 学生     
¥800:小人(3歳〜中学生)
¥800:シニア(60歳以上)  
¥800:ハンディキャップ
(付き添いの方1名まで同額)

※上映日の1週間前より劇場窓口にて販売
※チケット購入後は払い戻しができませんのでご注意下さい
※クーポン/その他割引サービスはチケット購入前にご提示下さい
※ご不明点はチケット購入前にご確認下さい

A Grain of Wheat
一粒の麦

鈴木 勉 / 17:59 / ドラマ / 日本 / 2016

横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。 時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。

A French baker, Eriko, makes a sudden visit to a historical bakery in Yokohama. “The bread is crying,” she says to the bakery owner Honda. The old and stubborn Honda seems incompatible with Eriko who is free spirited. They have different attitudes towards the craft of bread making, but they start to feel mutual respect as they make bread together. And the purpose of Eriko’s visit, which is to find the original bread recipe, leads the lives of these two individuals in an unexpected direction. A story that reaches across borders and time in the city of Yokohama.

Director / 鈴木 勉

東京都出身。映像ディレクター。ミュージックビデオ、CM、webムービーなど、ジャンルを問わず様々な映像を手掛ける。2008年、ショートフィルム『胡同の一日』を初監督。アジア最大級の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」で、日本人として大会史上初のグランプリを受賞した。その後も年に1本のペースでショートフィルムを監督し、30以上の国際映画祭に招待・上映されている。また、スポーツ関係の映像も数多く手掛け、2019年に日本で開催されるラグビーW杯に向けたラグビー普及活動を続けている。

From Tokyo Prefecture. A film director. Has worked on various kinds of videos regardless of genre, such as music videos, TV commercials, and online videos. Directed the short film ""A day in the life of Beijing Hutong"" for the first time in 2008. Won the grand prize as the first Japanese to do so in the history of the convention at Short Shorts Film Festival & Asia, the largest short film festival in Asia. Directed short films at a pace of 1 per year even after that, and was invited to over 30 international film festivals, where his films were screened.He has also worked on numerous sports-related videos, and is continuing his activities to popularize rugby for the Rugby World Cup, which will be held in Japan in 2019.