PROGRAM

1プログラムは60分。60分間で世界中のショートフィルムを多数上映!!

アカデミー賞ショートフィルムプログラム2017 全3作品  上映期間:3/1~3/31

BEARSTORY_highres.jpg

上映スケジュールはコチラ

チケット料金
¥1,000:大人 / 学生     
¥800:小人(3歳〜中学生)
¥800:シニア(60歳以上)  
¥800:ハンディキャップ
(付き添いの方1名まで同額)

※上映日の1週間前より劇場窓口にて販売
※チケット購入後は払い戻しができませんのでご注意下さい
※クーポン/その他割引サービスはチケット購入前にご提示下さい
※ご不明点はチケット購入前にご確認下さい



Bear Story
ベア・ストーリー

Gabriel Osorio / 10:22 /アニメーション / チリ / 2015

おじいさんクマはにぎやかな街角に通い、毎日小さな木製の人形劇舞台を組み立てる。箱の中では手作りのブリキ人形が動き出し、サーカスを逃げ出して家族が待つ故郷に帰りたいと願うクマの暮らしを語る。

An old, melancholy bear tells his life story through a mechanical diorama.

Awards History

第88回米国アカデミー賞 2016 短編アニメーション部門受賞

88th American Academy Award 2016 (Short Animation Category)

Director / Gabriel Osorio

チリ大学で美術を専攻し、3Dアニメーション制作を始める。コマーシャルや映画、テレビシリーズ等を手掛けた後、自身の制作会社Punkrobotを設立。子供向けテレビ番組やコマーシャル等を監督しながら、3Dの技術者としても作品製作に携わっている。”Bear Story(2015)”はショートフィルム初監督作品である。

Gabriel Osorio majored in Fine Arts at Universidad de Chile. Later he specialized in 3D animation. After working in several commercials, movies, and television series, he decided to form his own studio: Punkrobot. Since 2008 he has been directing projects for childrens’ television (Flipos, Muelin y Perlita, Soccer Girls) and television spots. He enjoys directing as well as having an active role in the more technical aspects of the 3D department. Bear Story is his first short film.