PROGRAM

1プログラムは60分。60分間で世界中のショートフィルムを多数上映!!

GW特集上映『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』※クーポン/その他割引対象外  上映期間:4/29~5/5

SOTS_main.jpg

【チケット料金】
<前売り>一般:¥1300/子供(中学生以下):¥500
<当日>一般:¥1,500/子供(中学生以下):¥800

上映スケジュールはコチラ
詳細はコチラ


監督:トム・ムーア/音楽:ブリュノ・クレ/音楽:KiLA(キーラ)/メインテーマ:リサ・ハニガン/声の出演(吹き替え版):本上まなみ、リリー・フランキー、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、深田愛衣、喜多川拓郎、水内清光、高宮武郎、花輪英司、磯辺万沙子/アイルランド・ルクセンブルク・ベルギー・フランス・デンマーク合作/93分/©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum

海辺の灯台の家で、幼いベンはお父さんお母さんと暮らしていました。 ベンは大好きなお母さんから「あなたは世界一のお兄ちゃんになるわ」と褒められて、 赤ちゃんが産まれてくるその日を楽しみにしていました。ある晩、ベンはお母さんに海の歌が 聞こえる貝の笛をもらいました。うれしくて、笛を大事に抱いて眠りについたのでしたが、 目を覚ますとお母さんの姿がありません! お母さんは赤ちゃんを残して、海へ消えたのです。 お母さんがいなくなったのは妹・シアーシャのせいだと思っているベンは、 ついつい彼女に意地悪をしてしまうのでした。 6年がすぎて、おばあちゃんは嫌がる兄妹を町へ連れて行くのでした。 居心地の悪いおばあちゃんの家から抜け出した兄妹は、愛犬クーとお父さんが待つ家へ向かいます。 そんなふたりの後を妖精・ディーナシーの3人組が追いかけます。 彼らはシアーシャがセルキーだと気づき、フクロウ魔女のマカとその手下のフクロウたちのせいで 石にされた妖精を元通りにしてほしいと頼んできたのです。 その時、4羽のフクロウがシアーシャに襲いかかり、ディーナシーたちの感情を吸い取って 石に変えてしまいました。その場は逃げ切ったふたりでしたが、ベンが目を離した隙に シアーシャがいなくなってしまいました。妹を探すうちにベンは語り部の精霊・シャナキーから、 マカの歪んだ愛情が妖精の国と妹の命を消しつつあると教えられます。 マカの魔力に勝てるのはセルキーの歌だけ。それもハロウィンの夜が明けるまでに歌わないと、 すべてが消えるというのです。ベンは、妹と妖精たちを救えるのでしょうか!?