NEWS & TOPICS

【数量限定来場者特典あり!】台湾の新星ヤオ・アイニン日本映画初主演!福島と台湾を舞台にした恋愛群像劇『恋愛奇譚集』3月4日(土)より当館にて上映決定!




見えない彼女がくれた
消えない想い

日本でもモデルとして雑誌やCMなどで活躍する台湾の女優ヤオ・アイニンが日本映画に
初主演し、台湾から福島県にやってきた留学生を演じる恋愛群像劇
是非当館で切なく、温かい物語をご鑑賞ください


公式HPはコチラ

renaikitanmain.jpg


【ストーリー】
私は恋愛を信じない。だって恋愛している人は、どこか馬鹿に見えるから。
台湾からの留学生・ユーウェン思うように言葉が通じないもどかしさを抱えていた。
ある日、彼女にしか見えていない赤いコートを着た謎の少女・ユリと出会うことで、
心の内を話せる友達ができ、笑顔を取り戻していく。「私たち二人は同じ国の人なのかも・・・」
しかし、楽しい時間を共有していくと同時に、そこに悲しい過去があることを知る。
ユリが幽霊だとわかった異邦人のユーウェンは、ユリの心残りに唯一気づき、
不思議な絆で繋がっている二人は、大切な日に隠された秘密を明らかにしようとする。


監督倉本雷大
脚本狗飼恭子
出演:ヤオ・アイニン/和田聰宏/内田慈/福田麻由子/栁俊太郎
   遠藤新菜/前野朋哉/潮みか/若林瑠海/中島歩
        山本浩司/水橋研二/康すおん
配給:プロジェクトドーン
2017/120分

【上映スケジュール】
2017年3月4日(土)より
詳しい上映スケジュールはコチラ

【チケット料金】
一般:¥1,800/学生¥1,500
シニア・ハンディキャップ・小人(中学生以下):¥1,300
レディースデー(水曜日):¥1,100
年間パスポート会員:¥1,000

【数量限定入場者特典】
ヤオ・アイニンさんサインプリントオリジナルトートバッグ
※数に限りがございます
※無くなり次第配布終了

20170209_220255-517x600.jpg



「片思いショートフィルムプログラム2017」3月15日(水)までロングラン上映いたします!






ご好評につき、「片思いショートフィルムプログラム2017」の、
ロングラン上映が決定致しました!
様々な恋の形、恋の始まり、恋がしたくなる作品を是非劇場でご鑑賞ください!
ご来場お待ちしております!

※延長期間の3月1日(水)~3月15日(水)は1日1回上映となります
※上映日程は変更になる可能性もございます
※火曜日休館 / 日にちによりスケジュールが異なりますのでご注意下さい

作品詳細はコチラ
上映スケジュールはコチラ

Brillia SHORTSHORTS THEATER CLOUD(仮)を来春設立!




        WEBシアターロゴ.png

株式会社ビジュアルボイス(本社:渋谷区 代表取締役:別所哲也)は、
2018年2月14日(水)より、オンラインシアター
「Brillia SHORTSHORTS THEATER CLOUD(仮)」を、開設いたします。
このシアターでは、「NEW LUXURY」(自分らしいライフスタイルの追及、人との喜びの共有、
新たな価値の創造)をテーマに世界中から集まる厳選されたショートフィルムの上映に加え、
「今、見るべき『モノ・コトの情報」を発信するオンラインシアターを目指します。

■WEBシアター設立の背景
東京建物株式会社のマンションブランド「Brillia」(“光り輝く”、“卓越した”という意味)の名を
冠したショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターは、
2008年2月に横浜みなとみらいにオープンして以来、3000本を超える多様性に富んだ
世界のショートフィルム作品を上映してきました。また、地域のコミュニティシアターになるべく
数々の横浜市の文化イベントへの参画をしてきました。映像コンテンツの需要の高まり、
スマートフォンの接触時間も増加を見せる中、10周年となる2018年、
エンタテインメントと接触する総合的なメディアとしての機能を持ち合わせた
新たな映画館のカタチを提唱したいと考えています。


詳細につきましては随時更新予定です
しばらくお待ちください



第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞の話題作『淵に立つ』2017年3月より当館にて上映決定!3/19は深田監督が来場!




あの男が現れるまで私たちは家族だった

崩壊した家族に、光は射すのか――

圧倒的な人間描写で『家族』を問い直す、2016年最大の衝撃!
世界を挑発する日本の新世代・深田晃司監督作品を当館にて上映!



公式HPはコチラ

chirasifuti.jpg

平凡な家族の心の暗 闇を繊細に表現、“家族”を問い直す衝撃作。
『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』などで世界的注目を集める深田晃司監督が
浅野忠信主演でメガホンをとり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で
審査員賞を受賞に輝く。

futicast.png  futi1.jpg

【ストーリー】
下町で小さな金属加工工場を営みながら
平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。
奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。
8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。
しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。


監督・脚本・編集:深田晃司
撮影:根岸憲一
サウンドデザイナー:オリビエ・ゴワナール 
音楽:小野川浩幸 
出演:浅野忠信/筒井真理子/太賀/三浦貴大/篠川桃音/真広佳奈/古舘寛治
配給:エレファントハウス
2016年/日本・フランス合作/カラー/119分
©2016映画「淵に立つ」製作委員会/ COMME DES CINEMAS

【上映スケジュール】
2017年3月18日(土)より
詳しい上映スケジュールはコチラ

319日(日)の回、深田監督の登壇が決定!

本編終了後にトークを実施いたします!


上映&イベント時間:10:20~12:50(予定)
チケット料金:上映と同じ

【トークゲスト】
深田晃司(監督・脚本・編集)

s_「淵に立つ」深田晃司監督.JPG

1980年1月5日生まれ、東京都出身。
大学在学中の99年に映画美学校フィクションコース入学。
長・短編3本を自主制作した後、2005年に平田オリザが主宰する劇団「青年団」に演出部として入団。
06年、バルザック「人間喜劇」の中の一編をテンペラ画のアニメーションで表現した中編『ざくろ屋敷』を発表し、
パリ第3回KINOTAYO映画祭ソレイユドール新人賞を受賞。再びバルザックから着想を得た長編『東京人間喜劇』を発表、ローマ国際映画祭、パリシネマ国際映画祭他に選出される。10年、本作『淵に立つ』の構想から派生した『歓待』(11年公開)が東京国際映画祭日本映画「ある視点」作品賞、チョン国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。13年、二階堂ふみ演じる18歳のヒロインの一夏の体験を描いた『ほとりの朔子』(14年公開)で
ナント三大陸映画祭グランプリ&若い審査員賞をダブル受賞。15年、放射性物質に汚染された近未来の日本を舞台に難民の外国人女性とアンドロイドの交流を描いた平田オリザ原作の『さようなら』(15年公開)が
東京国際映画祭メインコンペティション選出。16年、マドリード国際映画祭にてディアス・デ・シネ最優秀作品賞を受賞。10月5日にDVD発売開始。本作『淵に立つ』で長編5作目となる。現在、全編インドネシアロケによる青春映画の準備中。


【チケット料金】
一般:¥1,800/学生¥1,500/シニア・ハンディキャップ・小人(中学生以下):¥1,100
年間パスポート料金:¥1,000
※レディースデー(水曜日)¥1,100

100年先に伝えたい珠玉のアニメーション話題作『この世界の片隅に』3月25日(土)より当館にて上映決定!




昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている。

第40回日本アカデミー賞、2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン、広島国際映画祭2016
など様々な賞を受賞している話題作。
「この映画が見たい」の声が生んだ、100年先に伝えたい珠玉のアニメーション。
クラウドファンディングで3,374名のサポーターから39,121,920円の制作資金を集めた本作。
日本全国からの「この映画が見たい」という声に支えられ完成した『この世界の片隅に』は、
長く、深く、多くの人の心に火を灯し続けることでしょう。
100年先にも愛され続ける映画を当館にて上映。
是非、劇場でご覧ください。




公式HPはコチラ

mainkonosekai.jpg


【ストーリー】
18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。
呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、
世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。見知らぬ土地で、
海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。
隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、
衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、
すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。
1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、
すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

【キャスト・スタッフ】
監督・脚本:片渕須直/原作:こうの史代/音楽:コトリンゴ
声の出演:のん/細谷佳正/稲葉菜月/尾身美詞/小野大輔/潘めぐみ
     岩井七世/牛山茂/新谷真弓/澁谷天外(特別出演)
企画:丸山正雄/プロデューサー:真木太郎/監督補:浦谷千恵
画面構成:浦谷千恵/キャラクターデザイン:松原秀典
作画監督:松原秀典/美術監督:林孝輔
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
2016/126分
©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

【上映スケジュール】
2017年3月25日(土)より
詳しい上映スケジュールはコチラ

【チケット料金】
一般¥1,800/学生¥1,500/小人(中学生以下)¥1,000
シニア・ハンディキャップ¥1,100/年間パスポート会員¥1,000
映画の日(4月1日)¥1,100

3月は米国アカデミー賞短編部門受賞&ノミネート作品上映!出会いと別れをテーマにした季節にピッタリなショートフィルムも上映します!





珠玉のショートフィルムを堪能できる全3作品

胸に残る出会いと別れ、あなたの心を揺さぶる全5作品

どちらもお楽しみください!


『アカデミー賞ショートフィルムプログラム2017』 全3作品

上映期間:3月1日(水)~3月31日(金)


『出会いと別れショートフィルムプログラム』 全5作品

上映期間:3月16日(木)~4月15日(土)


※上映内容/期間は変更になる可能性がございます


【上映作品】

【アカデミー賞ショートフィルムプログラム2017】

☆第88回米国アカデミー賞 2016 短編アニメーション部門受賞☆
『ベア・ストーリー / Bear Story』
Gabriel Osorio / 10:22 / アニメーション / チリ / 2015

BEARSTORY_highres.jpg

おじいさんクマはにぎやかな街角に通い、
毎日小さな木製の人形劇舞台を組み立てる。
箱の中では手作りのブリキ人形が動き出し、サーカスを逃げ出して
家族が待つ故郷に帰りたいと願うクマの暮らしを語る。

☆第88回米国アカデミー賞短編実写部門受賞☆
『僕はうまく話せない / Stutterer』
Benjamin Cleary / 13:06 / ロマンス / イギリス / 2015
Stutterer.jpg
孤独な活版職人にとって、ネット恋愛は自分が言葉をスムーズに話せないと
知られずに人と繋がりを持てる好都合な関係だった。
しかし相手の女性から直接会おうと持ちかけられ、
自分の本当の姿をさらけ出すことになる。

☆本年度米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート☆
『合唱 / Sing』
Kristof Deak  / 25:00 / ドラマ / ハンガリー  / 2015
Sing.jpg
おとなしい10歳の少女ジョフィーは転校したばかり。最初は少し慣れなかったが、
すぐに校内で有名な合唱団に入ることを決め、人気者のクラスメイト、リザと仲良くなる。
ほどなく、彼女たちは一致団結して合唱団の指揮者である
先生に立ち向かうことになる。彼女は見た目と違い、本当は意地悪な人物だった。


上映スケジュールはコチラ

『赤ちゃんとハンガー / Child Proof』
Charlie Bleakley / 6:54 / コメディ / ニュージーランド / 2015
Child Proof.png
赤ん坊と車のキーを車内に残してしまった女性と通りがかりの一人の男。
彼は鍵を開けるべく手助けするが、果たして彼女を助けられるだろうか、それとも…?

『面接  / Job Interview』

Nicolas Novak  / 15:00 / コメディ / フランス / 2014

Job Interview.jpg
新卒の就職面接の場で、ケビンは準備した通りに
自分の長所を売り込もうとする。しかし面接官は想定外の無茶な要求をしてきて、
彼は窮地に追い込まれてしまう。


『僕と彼女と未来の僕 / Time Travel Lover』

Bo Mirosseni  / 10:07 / ロマンス・コメディ / アメリカ / 2013

Time Travel Lover.jpg
いいカンジになった一組の男女の元に現れたのは、未来からやって来たカレ。

『パパの打ち明け話 / The Talk』

Joe Otting / 8:33 / コメディ / アメリカ / 2015

The Talk.jpg
娘と父親が一緒に外食をしている。
すると父親が突然打ち明け話を始め、娘はその内容にただただ驚くばかり。
しかし娘の方も負けてはいなかった・・・。

『失恋サバイバルガイド / How to survive a Breakup』

Deena Adar & Kai Collins / 11:46 / コメディ / アメリカ / 2015

How to Survive a Breakup.jpg
失恋でズタボロになった心を持つカレとカノジョに贈る“サバイバルガイド”。
行き詰ったニックとティアは不向きなネット恋愛に手を出すも、
会う人会う人吐き気がするほど気が合わない。
一体いつになったらこの痛みを乗り越えられる?


上映スケジュールはコチラ

¥1,000:大人 / 学生・¥800:小人(3歳〜中学生)・¥800:シニア(60歳以上)  

¥800:ハンディキャップ(付き添いの方1名まで同額)


※「アカデミー賞ショートフィルムプログラム2017」

 「出会いと別れショートフィルムプログラム」にはそれぞれ

 上記チケット料金がかかります

※上映日の1週間前より劇場窓口にて販売

※チケット購入後は払い戻しができませんのでご注意下さい

※クーポン/その他割引サービスはチケット購入前にご提示下さい

※ご不明点はチケット購入前にご確認下さい






ショートショート フィルムフェスティバル & アジアと環境未来都市にふさわしいまちづくりを進める横浜市が送るショートフィルム『一粒の麦』がアジアショートフィルムプログラム2017内で上映決定!




ショートショート フィルムフェスティバル & アジアと
環境未来都市にふさわしいまちづくりを進める横浜市が製作
横浜・元町の老舗パン屋がモデルのショートフィルム『一粒の麦』
当館にて上映決定!

本作品は、2月16日から当館で上映予定の、
『アジアショートフィルムプログラム2017』内で上映いたします!
是非劇場で『一粒の麦』をご鑑賞下さい!


公式HPはコチラ


『一粒の麦』は、横浜・元町の老舗パン屋「ウチキパン」をモデルとした
「ホンダパン」の4代目店主が、創業当時の味を取り戻そうと奔走する物語。
フランスでパン職人をしており、腕は確かだが自分の居場所を見つけられず
悩んでいる絵里子役にシャーロット・ケイト・フォックスさん、
ホンダパンの店主を柄本明さんが演じます。メガホンをとるのは
ショートフィルム『胡同の一日』で、SSFF & ASIA 2008で日本人として
映画祭史上初のグランプリを受賞した鈴木勉監督です。

AGrainofWheat1.jpg AGrainofWheat.jpg

【ストーリー】
横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。
「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。
年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。
反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。
そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、
ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。
時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。


監督:鈴木勉
出演:シャーロット・ケイト・フォックス/樋井明日香/鈴木夢奈/
        シリル・コピーニ(声の出演)/柄本明 


【上映スケジュール】
2017年2月16日(木)より
『アジアショートフィルムプログラム2017』内にて上映
詳しい上映スケジュールはコチラ

【チケット情報解禁!】若手女優×実力派アーティスト×新進気鋭監督がタッグを組んだ話題作『TOKYO CITY GIRL -2016-』3月11日(土)より当館にて上映決定!




若手女優×実力派アーティスト×新進気鋭監督4篇の
「TOKYO CITY GIRL」を今、描き出す

TOKYO CITY GIRL/トーキョーシティガールとは、
いま、注目を浴びている映画女優と新進気鋭の若手監督がタッグを組み
「東京で生きる少女達」の刹那を描く短編オムニバス映画シリーズ。
話題を博した1作目に続き第2弾の今回は実力派アーティストによる主題歌でのコラボが実現。
ねごと、Ms'OOJA、fumika、AZUらが作品の世界観にあったオリジナル楽曲を提供している。




公式HPはコチラ

1121TCG_B2_pos_ol.jpg


【ストーリー】

『LOCAL→TOKYO』
過去を振り返ると確かに自分を支え成長させる人と出来事があった。
今、私は。東京という街で生きている。高校時代の憧れや夢をバイトを通して、
出会いと別れを知り。大人になった少女の物語。

『あなたの 記憶こえを、私はまだ知らない。』
「私を励ます声。力強い背中。だけど、顔は見えない―」毎日のように、
顔の見えない“あなた”の夢を見る麻紀。そんな日々の中、
麻紀は夢の“あなた”の声に出会い、真実を知ることになる。
「何?こんなの、知らない・・・知らない!」

『幸せのつじつま』
看護師のマイ、紀子、サヤ、このみはモテない4人組。
4人の好物はモテる女を口汚く罵る事。大親友である。しかし恐ろしい事実が一つ…。
実はマイには・・・フィアンセがいる・・・マイは、合わない辻褄を合わす事が出来るのか!?

『ひらり、いま。』
リナが高校に入学した頃、母が亡くなった。それ以来、父・昭一はリナに対して過保護だ。
東京で就職が決まった際も、昭一が部屋探しにも口を出すほどの心配性。
子離れできない親と、親離れしきれない娘との、ちょっぴりあたたかい物語。


【作品詳細】
『LOCAL→TOKYO』
監督・脚本:志真健太郎
主題歌&挿入歌:ねごと
出演:武田玲奈、森永悠希、天野ひろゆき、芋生 悠、篠田光里、川並惇一

『あなたの 記憶こえを、私はまだ知らない。』
監督:佐藤リョウ/脚本:佐藤リョウ、橋本一郎
主題歌&挿入歌:AZU
出演:高見こころ、石黒英雄、入来茉里、戸塚純貴、モロ師岡

『幸せのつじつま』
監督・脚本:山田能龍
主題歌&挿入歌:fumika
出演:飯田祐真、いとうあさこ、あやまん監督、植松 愛、浜名一聖、栗原 類、
    宮城大樹、金城茉奈

『ひらり、いま。』
監督・脚本:澤口明宏
主題歌&挿入歌:Ms.OOJA
出演:増田有華、酒井敏也、栗原英雄、川口 覚、中村有沙

配給:スタンドイン
2016/115分

【上映スケジュール】
2017年3月11日(土)~3月20日(月・祝) ※3月14日(火)は火曜日のため上映なし

【上映時間】18:30 〜 21:00
※上映後アフタートーク

【チケット料金】一律 ¥1,800

※チケット発売開始 2月13日10:00~ チケットペイにて

チケット販売は以下のリンクよりお申込みください
(購入には事前の登録が必要になります。手数料はお客様のご負担になります)

3月11日(土)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク

【ゲスト】
武田玲奈 / 高見こころ / 飯田祐真
芋生悠 / あやまん監督 / 浜名一聖
平八重真央 / 二見夕貴 / 小槙まこ
志真健太郎 監督 / 佐藤リョウ 監督 / 山田能龍 監督 / 澤口明宏 監督

3月12日(日)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月13日(月)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月15日(水)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月16日(木)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月17日(金)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月18日(土)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月19日(日)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク
3月20日(月祝)『TOKYO CITY GIRL 2016』上映&アフタートーク

詳細は随時更新予定

ボールを蹴れる映画祭!ヨコハマ・フットボール映画祭2017当館にて開催!





毎年100本近く製作される世界のサッカー映画から、日本のサッカーファン、
映画ファンに見てもらいたい作品をピックアップして上映するヨコハマ・フットボール映画祭。
7回目となる今回は、「ボールが蹴れる映画祭」としてチャリティフットサルも開催予定!
当館では、注目のサッカー映画を上映します!是非ご来場ください!


ロゴYFFF2017.jpg


■日程
2017年2月11日(土)~2月17日(金)

■場所
ブリリア ショートショート シアター

■チケット料金
【前売券】
・シングル券:¥1,300
・パーティーチケット:¥1,500
【当日券】
・シングル券:¥1,500
・パーティーチケット:¥2,000
※「MARCH」のみ一律500円
※チケットの購入は一度の支払いで10枚までになっています。

・チャリティフットサルチケット
一般2000円/小中学生500円
※みなとみらい在勤者、在住者ならびに作品鑑賞者は参加費無料

■チケット購入方法
Peatix(外部サイト)にて販売中

■上映作品

“Keane & Vieira: Best of Enemies”
キーンとヴィエラ.jpg
2013年 イギリス/ドキュメンタリー/62分/監督:ティム・マッケンジー・スミス

“Vegalta: Soccer, Tsunami and the hope of a Nation”
勇者たちの戦い.jpg
2015年 イギリス/ドキュメンタリー/64分/監督:ダグラス・ハーコム&ジェフ&トロッド

スナカリ.jpg
2013年/ネパール/51分/監督:ボジラジ バタ

WHO I AM リカルディーニョ.jpg
2016年/日本/50分/監督:中島 悠/ナレーター:西島秀俊/音楽:梁邦彦
出演:リカルディーニョ(リカルド・アウヴェス)

Trainer.jpg
2013年/ドイツ/138分/監督:アリョーシャ―・ポーズ


“BARCA DREAMS”
BARCA DREAMS.jpg
2015年/スペイン/122分/監督:ジョルディ・ヨンパルト

U-31.jpg
2016年 日本/ドラマ86分/監督:谷健二/原作:綱本将也/漫画:吉原基貴

MARCH.jpg
2016年/日本/ドキュメンタリー/35分/監督:中村和彦


“Pele: Birth of a Legend”
ペレ 伝説の誕生.jpg
2016年アメリカ/ドラマ/107分/監督:ジェフ・ジンバリスト&マイケル・ジンバリスト/
音楽:AR ラフマーン/配給:アスミック・エース

≪問い合わせ≫
ヨコハマ・フットボール映画祭実行員会
WEBサイトhttp://yfff.org


「ポジティブショートフィルムプログラム2017」2月15日(水)までロングラン上映いたします!






ご好評につき、「ポジティブショートフィルムプログラム2017」の、
ロングラン上映が決定致しました!
明るくポジティブなラインナップになっておりますので、是非劇場で
元気と笑顔を充電しませんか?
ご来場お待ちしております!

※延長期間の2月1日(水)~2月15日(水)は1日1回上映となります
※上映日程は変更になる可能性もございます
※火曜日休館 / 日にちによりスケジュールが異なりますのでご注意下さい

作品詳細はコチラ
上映スケジュールはコチラ