NEWS & TOPICS

短編映画の常識を覆す豪華キャストが集結!!映画監督外山文治作品集『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』当館にて10月7日(土)より一挙上映決定!

 



短編映画の常識を覆す豪華キャストが集結!!
何にも染まらず、染められないドラマッチックな
外山文治の映像世界を今、一挙公開!!


映画監督・外山文治が手掛ける短編映画に、今もっともスクリーンで見たい役者が集結!!
NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン 芳根京子の主演作『わさび』。
『家族はつらいよ』『東京家族』ほか、日本映画界が誇る女優 吉行和子の
短編映画初主演作『春なれや』。さらに主題歌にCoccoが参加するなど、
まさに異例ずくめとなる短編作品集が誕生した。

公式HPはコチラ

wsabiharuchirasi.jpg
  
【ストーリー】

『春なれや』
main-a.JPGsub3.jpg
櫻の花が咲く季節、ひとりの老いた女性が警察に保護された。
身元不明のその女性には、どうしても行きたい場所があるという。
 「ソメイヨシノは60年咲くことができない——?」
そんな噂の真偽を確かめるべく、既に廃校となったかつての学び舎へと向かう女性。
ひょうんなことから彼女を案内することになってしまった青年と共に・・・。
風に舞う櫻の花びらと、揺れる想い。春の日に永遠とは何かを問う、ささやかなものがらり。


『わさび』
wasabimain.jpgwasabisub1.jpg
心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、
その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や
周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた
少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。 
粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。
ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。
この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・
老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

『此の岸のこと』
photo-1.JPGphoto-2.JPG
老いた夫は長年に渡る妻への介護生活の果てに自らの体を患い、
妻よりも命の燈火が少ない事を知った。頼る宛てもなく、世間との交流も蓄えも持たない夫は、
ひとり出口を失っていく。老老介護の現実は厳しく、次第に生きる力を枯渇させていく夫。
彼が最後に求めたのは、部屋に飾られた一枚の旅行写真。かつて森の湖畔で撮影した、
スナップ写真に象徴される妻と自分の笑顔だった。車椅子を押して、たどり着いた森の湖畔。
夫は巻いていたマフラーで妻と自分を結びつけてその身を投げる。
そして、一瞬の幻を体験するのだった。

【クレジット】
『春なれや』
製作・脚本・監督:外山文治
出演:吉行和子/村上虹郎/篠原篤/石崎なつみ/辻井彰太
主題歌:「Time」Cocco
制作:C&Iエンタテインメント 
製作:外山文治 HD / 20min

『わさび』
製作・監督・脚本:外山文治
出演:芳根京子/杉本凌士/中田裕一/藤澤志帆/松角洋平/後藤和歌奈/
   下條アトム/富田靖子
協力:飛騨市・高山市 飛騨高山『わさび』の会 ALFABETTI INC

『此の岸のこと』
製作・監督・脚本:外山文治
出演:遠山陽一(さいたまゴールド・シアター所属)/百元夏繪(さいたまゴールド・シアター所属)
撮影:上野彰吾
照明:渡辺厚人
録音:宋 普瑞
音楽:松本あすか
編集:阿部史嗣

© 外山文治2016

【上映スケジュール】
2017年10月7日(土)より
詳しい上映スケジュールはコチラ

※情報は随時更新予定